ナギサものおき

【Minecraft PE】0.14.0で追加されたレッドストーン回路の装置を紹介

calendar

reload

【Minecraft PE】0.14.0で追加されたレッドストーン回路の装置を紹介

マイクラPEの0.14.0がリリースされました。なんといっても目玉はレッドストーン関連のブロックがさらに充実したことで、ピストン系を除けばほぼPC版にあるものが揃っています。それぞれの活用方法はのちのちゆっくりと紹介していこうと思いますので、まずは基本的な使い方について見ていきましょう。

なお、前回のバージョンである0.13.2から翻訳が一部変更され、よく知られているPC版でのブロックの名称ではなくなっているものがあります。見出しではPC版の名称で紹介し、現在のPE版の名称はカッコ書きにしています

コミュニティなどでもPC版の名称のほうがよく通ると思いますので、なるべくそちらで覚えておくほうがよいでしょう。

はじめに

この記事は、レッドストーン回路の基礎を理解された方向けに今回追加されたものをさっと解説しているものですので、まだよく分からないという方は過去記事からご覧になっていただけるとよろしいかと思います。

【Minecraft PE】ver 0.13から実装、レッドストーン回路の使い方 | ナギサものおき
マイクラPEが0.12にアップデートしたのがつい先日のように感じられますが、もう0.13が出ました。今回もいくつかの新要素が実装されましたが、中でもレッドストーンを心待ちにされていた方は多いのではない…

それでは、それぞれのブロックについて見ていきましょう。

レッドストーンリピーター(レッドストーン反復装置)

057

回路を通る信号は進むたびに弱くなっていき、ついには強度0(つまりOFF)になってしまいます。レバーの場合は最初は強度15の信号なので、15ブロック先までしか信号が届きません

つまり遠く離れた入力と出力をつなぎたいときには、何か工夫が必要です。

058

そこでレッドストーンリピーターを使用しましょう。これは回路の中間に置いて使うもので、主に信号の強さをふたたび強くする(リピートする)役割があります。

059

また信号を伝えることができる方向は決まっていて、上の画像のように逆向きに設置した場合は信号を伝えることができません。では逆向きに設置することは意味がないかといえばそうではなく、1方向にだけ信号を通すという特性は複雑な回路に応用できます。

060

リピーターは今までは存在しませんでしたが、NOT回路を2つ使うことによって、上の画像のように同じはたらきをするものを作成することは可能でした(こちらを参照)。上の画像では、上下の回路はまったく同じだというわけです。

しかし、リピーターを使用したほうがメリットがいくつかありますのでおすすめです。

コンパクト

NOT回路2個の即席リピーターだと、ブロック2個とレッドストーントーチ2個を使用するため、4ブロック分の空間を使用することになります。これはコンパクトな回路を作りたいときに無駄が出てしまって厄介なことです。

しかしリピーターは1ブロック分しか使わないので、より回路をコンパクトに構成することが可能になります。

遅延時間が選べる

レッドストーントーチは、信号を受け取ってから自分のON/OFFを切り替えるまで若干の時間があります。これを遅延と言います。つまり、即席リピーターを信号が通る際は、一定時間の遅延が発生しているということになります。

【Minecraft PE】レッドストーン回路 第4回 ~遅延と音符ブロック~ | ナギサものおき
さて、レッドストーン回路についての記事は今回で早くも4回目となります。が、まだまだお伝えしたいことがたくさんあります。普段は連載などほとんどしないのですが、ここから記事にナンバリングしていくことにしま…

遅延について、詳しくは上記を参照してください。

064

で、トーチの代わりにリピーターを使うと、この遅延を4段階で調節することが可能です。設置してからタップしてみるとトーチのようなものの間が広くなったり狭くなったりすると思いますが、広いほど遅延を大きく発生させることができるのです。

遅延をあえて伸ばすことがメリットになる例として、音符ブロックによる音楽作成がより簡単になることが挙げられます。今までは遅延させたい時間だけ即席リピーターを何個も噛ませなければならず非常に手間がかかっていたのですが、それがなくなるわけですからね。

リピーターについて、活用例も含めて詳しく書きました。以下の記事もご参照ください。

【Minecraft PE】レッドストーン反復装置(リピーター)の使い方 | ナギサものおき
マイクラPEが0.14にアップデートされ、多くのレッドストーン回路に関係する装置が追加されました。

数が多くて少し戸惑うかもしれませんが、うまく使うことができれば回路を簡単にできてとても便利です。こ…

ディスペンサー(発射装置)

061

これは穴が正面に1つ空いている装置で、中にアイテムを入れてから信号を入れると、それらを正面に撃ったり使ったりドロップしたりすることができます。

062

ディスペンサーをタップすると、このようにインベントリが9マスあるのがわかります。普通のチェストなどと同じように、好きなようにアイテムを出し入れできます。例えば、ここにを入れてみましょう。

063

次に、ディスペンサーに信号を入力できるようにします。ここではボタンとつなぎました。

065

そしてボタンを押してみると、中に入れたアイテムを発射することができます。例えば入力を感圧板やトリップワイヤーフックにすることで、敵Mobや他のプレイヤーに対するトラップとして利用することができます。

また、水バケツを入れて使えば水源を目の前に作りますし、骨粉を入れて使えば目の前の地面に栄養を与えるなど、とにかくプレイヤーが使ったときと似たような動きをしてくれます

当然ですが穴が開いているほうに発射するので、向きを間違えないようにして設置してください。

ドロッパー

066

ドロッパーはディスペンサーと非常に似ていて使い方もまったく同じです。ただ、なにやら表情がにこやかですね。

先ほどディスペンサーでやったのと同じように、矢を入れてから信号を入力してみましょう。

067

すると、矢が発射されるのではなく、アイテムとして吐き出されましたね。そうです、ドロッパーはどんなアイテムでもアイテム化された状態で吐き出してくれるのです。

068

簡単な例ですが、自動販売機として使うことができます。中に食料やポーションなんかを入れておき、隣のブロックにボタンを貼り付けます。これだけで、ボタン1つでアイテムをくれる装置の完成です。まあチェストのほうが便利なんですけど楽しそうですね。

ホッパー

074

ホッパーは筒のような形状をしたブロックです。上に載ったアイテムを下に置いたチェストなどに勝手に入れてくれるなど、アイテムを移動する能力を持っているので非常に便利です。

069

まずチェストを置いて、その真上にホッパーを置きましょう。ただし、スニーク中でないと、チェストの上の面をタップしたときチェストが開いてしまうので、スニークしてから行ってください。

070

※スニークとは、ブロックから誤って落ちることがなくなる機能で、PC版の「Shiftキーを長押しする」ことに対応しています。スニークをするには、Dパッドの中央のボタンをダブルタップ

071

組み立てたら、ホッパーの上にアイテムを放り投げてください(ホットバーにある捨てたいアイテムを長押ししてください)。

すると、ホッパーの上に載ったアイテムが1個ごとに回収されていきます。例えば64個の木材を一度に投げたとしてもすぐにすべて回収されるわけではありません。しばらく待っていればいずれ上に載ったアイテムが消えるはずです。

072

それから下のチェストを開いてみると、確かに先ほど投げ捨てたアイテムが格納されていることが分かります。これを利用すれば、たとえばモンスターのトラップを作ったときに自動的にドロップアイテムを保管しておいてくれるなど便利です。

075

逆に、チェストの下側にホッパーを置くこともできます。この場合ホッパーは、チェストからアイテムを取り出しては自分のインベントリに入れていくことになります(ホッパーもインベントリを5マス持っています)。

073

これを応用してみましょう。先ほど紹介したディスペンサー(発射装置)をホッパーの下に、チェストを上に置いてみると、「チェストからホッパー」「ホッパーからディスペンサー」と2段階の移動を経て、アイテムをディスペンサーに装填することが可能です。

これを使えば、チェストに入れた矢をディスペンサーから撃つ……なんてこともできますね。

076

また、複数のインベントリを持つブロック(例えば かまど は燃料、材料、完成品の3つがある)は、ホッパーをつける位置によってどのインベントリに対応するのか決まります。詳しくは上の画像を見てください。

かまどに燃料をいちいち入れたり、完成品を取り出したりするのはめんどくさいという方は、横や下だけでもホッパーを取り付けておくといいですね。かまど単体ではそれぞれ1マス分しかなかったインベントリがさらに5マス増えることになるので、単純計算でアイテムを入れ替える手間が1/6になるということです。大量生産を行いたい場合に非常におすすめ。

トロッコ

トロッコの種類が増えました。今まではただプレイヤーやMobが乗るためだけのものしかありませんでしたが、アイテムを運べるチェスト付きトロッコ、アイテムを受け取れるホッパー付きトロッコ、そして爆発が好きな貴方にはTNT付きトロッコです。

TNT付きトロッコ

077

TNTと聞けばお分かりかと思いますが、爆発します

078

爆発方法はいくつかあります。まずは普通のTNTと同様に火打石で着火する方法。火打石を持ちながら近づくと「火をつける」ボタンが出るのでこれを押してください。普通にトロッコそのものをタップすると殴るだけなので注意。

また、他のTNTなどによる爆発に巻き込まれても着火します。

079

また、オンにしたアクティベーターレールに乗せる方法もあります。信号を入れた状態のアクティベーターレールに向かって動かしてやってください。

実はアクティベーターレールというのは、TNTをアクティブにできるからそういう名前なんですね。0.13.xだとMobをトロッコから強制的に降ろしてあげるという機能しかなかったので、名前が独り歩きしてしまっていましたが。

080

ただし、PC版と挙動は違うようです。爆発する条件が少なくなっていたり、またアクティベーターレールで爆発したときにレールまで巻き込んでしまうようです。

これはバグのように見えますが、そうとは限りません。開発者は「PC版の仕様をすべて引き継ぐのではなく、モバイルという特性に合うように開発する」ことを重要視しているようですので、意図的な変更かもしれないのです。これについては、今後調査していきます。

チェスト付きトロッコ

081

チェスト付きトロッコは、その名の通りインベントリを持つトロッコですので、これを使えば一度に大量のアイテムを自動的に運ぶことができるようになります。

例えば洞窟を掘り進めるとき、自分の持ち物が石とかで埋まったらいちいち拠点に戻って荷降ろしするとかめんどくさいですよね。

082

こんなとき、まず掘っている場所と拠点をレールでつなぎます。当たり前のことですが、間にオンにしたパワードレール(加速レール)をはさんでおかないとトロッコが途中で止まりますので注意。

083

持ち物がいっぱいになったら、いらないものをチェスト付きトロッコに入れます。チェスト付きトロッコのインベントリには、この「開く」ボタンを押すことでアクセスできます。普通にトロッコそのものをタップすると殴るだけなので注意。

084

すると普通のチェストと同じ画面が開きますので、拠点に送りたいアイテムを中に入れてください。

その後、トロッコを押して進ませます。すると自動で拠点まで運んで行ってくれるはずですので、いちいち往復する手間が省けるというわけです。

085

実はチェスト付きトロッコは、ホッパーに乗るとホッパーにアイテムを渡すことができます(トロッコをホッパーに乗せるには、スニークをしながらホッパーの上にレールを敷けばよい)。これを使用すれば、勝手に拠点のチェストにアイテムを渡して戻ってくるというめっちゃ便利なことをさせられるのですが、1つ問題があります。

ホッパーの特徴を思い出してみましょう。ホッパーがアイテムを移動させるのは1個ずつしかできないので、ただチェスト付きトロッコが上を通過していくだけではアイテムをすべて渡してやることができません。これを解消するには、「チェスト付きトロッコからすべてのアイテムを移動できたかどうかを判断して、その答えがYESならトロッコを自動で採掘現場まで送り返してやる」ということが必要になります。

というわけで先人の教えに従いましょう。恐ろしくコンパクトにできるようです。

ホッパー付きトロッコ

086

これもチェスト付きトロッコと同様に、インベントリを持つトロッコですね。「開く」ボタンを押せば、中のアイテムにアクセスすることが可能です。

087

ホッパーのレールで移動できるバージョンと考えてもよいでしょう。このようにレールの1マス上にあるチェストなどからアイテムを受け取ることができます。

また、上で紹介させていただいた動画を応用すれば、アイテムを自動的に取って帰ってこさせるということも可能でしょう。

トラップチェスト

088

トラップチェストは普通のチェストとまったく同じように使うことができるものですが、1つだけ異なる点があります。同時にトラップチェストを開けているプレイヤーの数と同じ強さの信号を出します

つまりレバーとかと同じ入力装置の仲間というわけです。

089

このように矢を入れたディスペンサー(発射装置)と接続すれば、「チェストを開けると撃たれるトラップ」が作成できますが、1つ注意する点があります。

同時にトラップチェストを開けているプレイヤーの数と同じ強さの信号を出すので、上の画像では3人以上がチェストを開けないとディスペンサーが作動しないということになります(トラップチェストとディスペンサーが3ブロック離れているので)。1人が開けるだけで作動するには、どうすればよいでしょうか。

090

このように、リピーター(反復装置)をトラップチェストの後ろに取り付けてやりましょう。これなら強度1の信号しか出さなくても直ちに強度15にリピートされますから、1人しか開かなくてもディスペンサーまで信号が届くということになります。

091

なお、普通のチェストと見分ける方法があります。とても微妙ですが、トラップチェストのほうが若干ここらへんが赤みがかっているのです。誰かの作ったワールドで怪しいチェストを発見したら、まずは冷静になってこれを確認したほうがよいでしょうね。

ちなみに、トラップチェストもこのバージョンで追加という扱いになっていますが、0.13.0から存在していたことを知っている方も多いでしょう。なぜでしょうか。

実のところ、バグによって全く動作していなかったのです。今回それが修正されたことによって、晴れて「追加」されたというわけ。

レッドストーンコンパレーター

レッドストーンコンパレーターはちょっと上級者向けで、主に信号の強さを条件にしてある計算をしてくれる装置です。少し特殊なので、難しいと思ったら使うのは後回しでもよいでしょう。

092

コンパレーターには、後ろ(トーチっぽいものが2つある側)と横から信号を入力します。前から計算結果が出力されます。

099

またタップするたびにこのトーチっぽいものが点灯、消灯しますが、これの状態によって計算方法が変わります。

点灯モード

点灯モードのときは、「後ろから入力した信号の強度 – 横から入力した信号の強度」を出力します。

093

詳しくはこの画像をご覧いただくとわかるでしょうか。

感圧板には7エンティティ(7スタックのアイテム)が載せられているので、強度7の信号がワイヤーを伝ってコンパレーターに入っています。一方レバーからは強度15の信号が入力されますが、7ブロックを通過することによって、コンパレーターに入力される信号は強度9になっています。

よって 9-7 = 2 という計算を経て、コンパレーターの出力からは強度2の信号が出てくるというわけです。

094

なお、計算結果が0以下になるときは強度0の信号(OFF)が出力になります。

消灯モード

消灯モードでは、後ろと横からの信号の強度を比較します。

095

後ろからくる信号のほうが横からのもの以上に強い(同じ場合も含むということ)場合、後ろからの信号をそのまま出力します。

096

逆に、横からくる信号のほうが後ろからのものより強い場合、何も出力しません(OFFを出力します)。

内容量を信号に変換

コンパレーターは、さらに便利な機能をそなえています。後ろの入力には今までワイヤーを接続していましたが、中にアイテムを入れることができるブロックに変えてみましょう。例えばチェストやかまど、今回追加された大釜などです。

097

すると、アイテムの内容量にほぼ比例した強さの信号が出力されます。これを利用して、どれだけのアイテムが中に入っているかを回路で自動的に調べることができます。

ただし、どれだけの数のアイテムでどれだけの強さの信号が出力されるかはブロックによって違うので注意しましょう。

※この際、横からの信号は必ずしも入力しなくてもよいし、モードは点灯・消灯どちらでも構いません。なぜなら、横からの信号がOFF(=強度が0)ならば、どちらのモードであっても後ろからの信号がそのままコンパレーターの出力になるだけだからです。

コンパレーターについて、活用例も含めて詳しく書きました。以下の記事もご参照ください。

【Minecraft PE】レッドストーンコンパレーターの使い方 | ナギサものおき
昨日は、レッドストーンリピーター(反復装置)について特集しました。今日はレッドストーンコンパレーターについて見ていきましょう。

コンパレーターは、ON/OFFの概念だけではなく、信号の強さに影響する…

終わりに

まだまだ紹介したいことはたくさんあります。例えばアクティベーターレールにはまだまだ機能がありますし、コンパレーターについてはすぐに役立ちそうな使い方をまだ教えることができていませんね。

今後は、より初心者の方にも理解できるように、面白くて役立つ装置を1つずつ特集していきます。それぞれの装置が主役になるような記事を考えて追加していきますので、よろしくお願いします。

追記:もし「こんな装置が作りたいが方法がわからない」、「こんな装置の解説をしてほしい」という要望などございましたらコメント欄へどうぞ。今後の記事の参考にさせていただきます。

この記事をシェアする

folder リテラシー

【Twitter】悪質な連携アプリの解除方法と正しい見分け方を知ろう
more...

folder ブログについて

ものおき、改修しました。
【お知らせ】サーバ変更を完了しました
ブログ1か月続けて思ったこと
more...