ナギサものおき

【Minecraft PE】ver 0.14.0での修正されたバグと新しいバグ

calendar

reload

【Minecraft PE】ver 0.14.0での修正されたバグと新しいバグ

0.14.0でもいくつかのバグが修正されました。特に、オプションにあるのに全く機能していなかった「オートジャンプ」などが修正され、ON/OFFを正しく切り替えられるようになったのが大きいでしょう。

ただし、新しく発生したバグもあることを忘れてはいけません。特に致命的なのが、ワールドをロードするとき落ちる場合があるということ。これについては対処療法があるので紹介します。落ち着いてやってみましょう。

新しいバグ

(重要)ワールドをロードするとき、アプリ自体が落ちる

100

しょっぱなから悩んだ人もいるでしょうが、ワールドを開くときにロード画面で落ちるという致命的なバグがあります。

重い(サイズが大きい)ワールドほど起こりやすいようなので、徐々に作り上げてきた大切なワールドが開けなくなって焦るかもしれません。ただし対処方法はあるので落ち着いてください。

101

軽いワールド、例えばフラットで作成しただけのワールドを先に2回くらい連続でロードしてから、開きたいワールドをロードしてみてください。これでかなりの確率で成功します。

原因は不明ですが、これほどの大きなバグなら0.14.1ですぐに修正されるでしょう。

地図の挙動が不安

地図が追加されました。地図は、ワールドのある程度の範囲の地形を一目で見ることができるという非常に便利な道具です。レシピはPC版と異なり、なぜかコンパスは必要としません。紙9枚でできます。

102

まず自分の位置を示す「ポインター」が表示されませんが、これはバグではありません。「作成にコンパスを使わない」=「地図はコンパスの上位互換ではない」=「ポインターの表示はしない」という仕様です。

ポインターを表示できるようにする方法もあります。金床で地図とコンパスを合成するとポインターが表示されるようになるという情報をいただきました。ありがとうございます。

103

額縁に貼り付けた地図にはポインターが表示されたりされなかったりします。このポインターは額縁の位置と向きは正しく表しているのですが、このときまだ地図を持っていると、額縁のポインターがなぜか手に持った地図のほうにも複写されてしまいます。

このポインターはプレイヤーが動いてもまったく動かないので、意味がありません。邪魔なだけです。

104

しかも、額縁に地図を貼り付けることを繰り返すと、どんどん手に持った地図にもポインターが複写されていってしまい、わけがわからなくなります。

しかも額縁から地図をはがしてもこのポインターが消えることはありません。ですが、手持ちから記入済みの地図をすべてなくしてから新しい地図を作成すればまたポインターが消えますし……

あーもう、まったく何が何だかわからない。地図の醍醐味は薄れてしまいますが、とりあえず額縁にまだ貼らなければこんな変な挙動はしないと思います。

GUIを消したとき、描画がおかしくなる

105

「GUIを隠す」オプションを有効にすると、ボタンやホットバー、プレイヤーの手など「ゲーム的に必要なもの」をすべて消すことができます。

106

目の前のありのままの景色を見ることができるようになりますので、いい場面をスクショしたいときに有効です。ただし敵と戦いにくくなるので、周囲には十分注意しましょう。

再びGUIを有効にするには、ポーズボタンの位置を探し当ててメニューを再び開く必要があります。

というわけで便利な場合もある機能なのですが、今回のバージョンでは描画がおかしくなる場合があります。

107

こんなふうに、ほとんどすべてのブロックが表示されなくなってしまったり……

108

なぜか手に持っているブロックの形が出現したりします。

これは発生条件も原因も不明です。しばらくGUIを消さないでおくと、いつの間にか直っていることもあります。

雨が降っていることが条件の1つのようです。ただし雨が降っていても正常になる場合もあります。

修正されたバグ

ボタンの幅が狭くならなくなった

日本語を含むアジア圏の言語を設定すると、ボタンの幅が文字より狭くなってしまい、読みにくくなるだけでなくボタンが非常に押しにくくなるというバグが0.13.0から発生していました。今回はこれが修正されました。

雨のグラフィックがブロックをすり抜けなくなった

025

0.12で天候が追加されて以来ずっと悩まされ続けていたバグなのですが、雨のグラフィックがブロックをすり抜けていました。通称「酸性雨」。

082

どうやら内部的には、すり抜けた後の雨は雨としての効果を失っているようでした。屋根があれば雨音は消えますし、水しぶきも出ませんし、屋外から来たオオカミは体を震わせました。

しかし家が雨漏りしているようにしか感じられないので、建築のモチベーションを下げる要因にもなってしまっていたように感じます。

109

これがようやく修正されました。このようにブロックの下へは雨は一切すり抜けず、もちろん洞窟の中にまで雨が降ってしまうということもなくなりました。

オートジャンプが無効にできるように

110

オートジャンプとは、1ブロックの段差に歩いていくと自動的にジャンプしてくれるという機能です。

これはモバイル向けを意識した機能でした。つまり、小さいスマホなどの画面でジャンプボタンを押すことは難しいので、せめて段差を越える場合くらいは自動化してあげようということ。

しかし、PC版に慣れたユーザー的は1ブロックの段差を越えることができないという前提で操作しますので、ジャンプしたくもない場所でいちいち自動的に飛んでしまい、うざったいという意見もありました。

111

そこで、0.12あたりからオートジャンプのON/OFFを切り替えるオプションが追加されたのですが、これがなぜかOFFにしても実際はONになったままであり、実質機能していませんでした。

今回のバージョンでは、このオプションをOFFにすればオートジャンプをしないように修正されました。

112

1つ注意すべき点としては、今までオートジャンプに慣れた人が水中を泳ぐとき。「前を押しっぱなしではジャンプしなくなる」ので、前に進むだけでは浮上することができなくなります。ジャンプボタンを押しっぱなしにして初めて浮上できるので、溺れないように注意してください。

それを覚えておけば、むしろ操作の自由度が広がることになって良いでしょう。

Y-軸変換の設定が機能するように

113

Y-軸変換もオートジャンプと同様の経緯で、オプションにあるのに使えないという状態だったのが修正されました。こちらは逆に、ONにできなかったのですが。

Y-軸変換を使うと、縦方向のスワイプが逆方向に作用するようになります。OFFの状態だと上にスワイプすれば上を見ることができるのですが、ONにすると上にスワイプしたら下を見ることになります。いわゆるリバースモードというわけ。

なんか「操作方法が勝手に変わってカメラが動かしにくい、変えるなら設定項目を追加しろ」とかAppStoreで書かれてますが、それはこのY-軸変換をONにしたままアップデートしてしまったのが原因です。確かに今まで使ってもみなかった機能がいきなり修正されたら戸惑うのもわかりますが…

終わりに

気づきやすいバグの多くが修正されたので、全体的には良いアップデートとなったのではないでしょうか。新しいレッドストーン回路の装置についてもいろいろ検証してみましたが、目立ったバグは発見できませんでした。

ただ、ワールドのロードに失敗しやすいことは特に評価が下がる要因になりかねません。また0.14.1のマイナーアップデートが近いうちに出ると思いますので、そちらに期待しましょう。

この記事をシェアする

folder リテラシー

【Twitter】悪質な連携アプリの解除方法と正しい見分け方を知ろう
more...

folder ブログについて

ものおき、改修しました。
【お知らせ】サーバ変更を完了しました
ブログ1か月続けて思ったこと
more...