ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

#小学校あるある が本当にあるあるすぎる

time 2015/09/07

#小学校あるある が本当にあるあるすぎる
アイキャッチ画像:Wikimedia Commons より引用 – CC BY 2.0
この記事に掲載されているツイートは、著者に権利が帰属しますが、Twitterのポリシーに従い掲載しております。掲載を希望されない場合、ご一報ください。
お問い合わせ, ポリシー

Twitterで大喜利系のタグって、なんか最近内輪ネタ絡めてくるの多くありません?

まあどうでもいいんですが、珍しくほとんど面白かったのが、昨日から今日にかけてトレンド入りしたこのタグ。日本広しと言えど、小学校でよく経験するあるあるネタは尽きないようですね。

いくつか紹介させていただきながら、私も体験談も絡めていきたいと思います。

広告

あるある

先生に言いつける歌

もうこれはね…脳内再生余裕という感じですよね。当時でも幼稚に聴こえるので歌った覚えはないのですが、よく言われた気がしますね。特に妙な正義感のある女子と1つ後輩の奴が言うんですよねー。じゃあ歌ってないで早く言って来いよという(笑)

地域差も大きいようですが、メロディはほとんど変わらないようです。こういうのって、どうやって広まっていくものなのでしょうか。今でこそ小学生だとしてもネット上に音声公開できるような環境になってしまいましたが、一昔前ですら考えられなかったことですしね。

水筒にシール

懐かしいなあ、無駄にデコるんですよね。しかも小学生で水筒が必要になるのは、運動会とか遠足とかの特別な行事があるときですから、余計に妙なテンションになるんですよね。

私は同じくポケモンのシールをゲームキューブに貼りまくってしまいました。

で…今はジバニャン(だっけ?)とかなんでしょうねえ。

効果音

万能。

ランドセル開け

金具をランドセルの革を開いたところにあるポケットに差し込んでおくんですよね。

もしくは開けた状態で「おじぎしてみて?」とか。いや、物を拾わせるとかもう少し工夫すればよかっただろうと今になって少し思いますね。

迷路

自由帳に迷路よく書きましたよ、懐かしいです。

むしろ、普通じゃクリアできないようなのを書いて、上の画像みたいなのが正規ルートでした~ っていうウザい演出もよくした覚えがあります。

ナンバリングされてないシリーズは特にとっつきやすい気がしますよね。 ちなみにゾロリは、小3くらいのときに、なぜか教室に30巻セットみたいなのがドカッと置かれたので、全く困りませんでした(笑)

あとはギネスブックとか「なんとかクエスト」みたいなやつ(タイトル忘れた)にかなりの人気が集まりません?

プロフ

女子に書かされるよね。なんかクマとかがかかれてて、無駄にカラフルな枠にポップなフォントが使われているというね。

道徳

あー、これ私は「シン(真)のノート」って読んだら、クラス全員が「真のノート」と呼び始めたという思い出があります。

赤白帽

むしろ舐めてました.

シャーペン

危ないからみたいなことだった気がします。ある学校では5年生から解禁だったのに、ある学校では全面禁止で、ワケも分からず鉛筆30本持って行ってました(謎)。

死亡条件は側溝の穴に落ちることです。車道や畑に入ると、大きな罪悪感を感じながら頑張って取る(※マネしてはいけません)。

あるある…?

……(´;ω;)ブワッ

筆者のあるある

「髪の毛何本」と聞かれたときに備えて両手をワシャワシャやって大量を表すというのがありますが、エロ本何冊と聞かれた場合にこれをやると絶望。

黒いマジックで懸命に表紙を塗りつぶします。あとこれやる奴はだいたい「DEATH」のスペル間違うんですよ。

バカって言ったほうがバカ、は論理的に理解できないではないですが、バカって言ったほうがカバ、という超理論が飛び出すこともあり。

むしろ先生が一緒に競争してくれました。いいのだろうか…。

終わりに

あの頃はくだらないことで笑え、くだらないことに熱中して……よかったなあ。幼さはともかく、純真な、何にでも好奇心を持てる心は大人も持っていなければいけないと思います。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて