ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

五輪エンブレム取り下げについての意見

time 2015/09/01

五輪エンブレム取り下げについての意見

2020年東京五輪のエンブレムが盗作ではないかと言われている事件に関して、ようやく動きがありました。

ようやく使用中止を正式に決定しました。
Yahoo!ニュース:<東京五輪エンブレム>使用中止を正式決定 大会組織委

詳細はニュースをご確認ください。ここからは筆者の私的な意見を述べさせていただきます。

広告

私的な意見

最初は擁護する方向もあったのですが…

最初私は、幾何学的図形の組み合わせによって文字を表現する場合は考えうる組み合わせが少なく、偶然の一致も考えられるのではないかという意見を持っていました。

しかし、飲料メーカーの景品について、Web上にある画像の転用が疑われた件が公になると、考えは一変しました。「偶然の一致」だとしても、起こりすぎています。有意に行われたものと考えるべきでしょう。

とにかく対応が遅すぎる

で、今回の発表となりますが、遅すぎると思います。亀より遅い。

仮に「盗作とは言えない」と裁判ではっきりとした見解がなされたとしても、全世界に知れ渡ったこのスキャンダル。エンブレムに対して大きなマイナスイメージを持って接し続けることになります。東京の街中にそういう空気が作られてしまうわけです。

そういうことが明らかな時点で、もし東京五輪を成功させようとしているのだとすれば、撤回する以外に何か方法があったとでも言うのでしょうか。

重大であり、なおかつ明確に先の読める事案に対してこれまで決断が遅いとなれば、大会組織委員会の問題への対応能力が疑われます……。

デザイナーのプライドはどうなっているのか

デザイナーとは、自分の頭の中にある曖昧なイメージを、分かりやすく造形に投影するものだと思っています。

そのために、Web上を巡ってイメージを整理し、固めることはもちろんよいでしょう。私も記事を書く際にはよくやることです。しかし、著作権などの問題を除くにしても、そこに自分だけが持つ感性をプラスすることが必要です

それを事欠いて創作とは到底言えません。当該デザイナーは重要なことを忘れているのではないでしょうか。

筆者の願い

競技場の計画が遅れているという問題もあり、五輪について大きなケチがついてしまっています。競技場の建築家然り、今回のエンブレムについて盗作された(と推測される)デザイナー然り、外国人にも多大な迷惑となっています。

日本という国は勤勉でまじめというイメージでもありますが、そのイメージ通りに観光客を迎え入れることはできるでしょうか……。もう5年弱しかないですが、まだ5年弱あるともいえます。

今後持ち直し、五輪を経済発展と文化交流の良い場とすることができればよいのですが。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて