ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

三日坊主の私が、ブログ書くのをすごい楽しみになった3つのわけ

time 2015/11/16

三日坊主の私が、ブログ書くのをすごい楽しみになった3つのわけ

突然ですが、私は重度の三日坊主です。何か作品を完成させたためしがないとは言いませんが、非常に飽きっぽいです。

ですが、このブログを(ほぼ)日刊更新すること3か月を経過することができました。まずは皆様のおかげです。ありがとうございます。……で、なんで三日坊主の私にそんなことができたんでしょうか?

広告

日刊更新、3か月続きました

8月15日から始まった、当ブログの(ほぼ)日刊更新です。現在はまったく書きたくないことを書いてもつまらないということを理解したので、真に何も書くことがないときは休載させていただいていますが、それでも2日を超えて穴をあけたことはないです。

さて、冒頭でも述べた通り、私は三日坊主がひどく、子どものころからノートを使い始めれば(雑学集めるノートみたいなやつだったと思うけど)3ページで終了などと、それは典型的なヤツだったわけでして。

それでなんで、割と手間のかかるブログをここまで続けられたのかというと、3つくらい理由がありました。

続いた理由

文章を書くのが好き

まずはこれに尽きます。小さいころから(何かテーマがあれば)文章を書くのが非常に得意でして、まあそのクオリティはともかく、結構な分量を書くようにしていたわけですよ。

なんか小学校のころ「物語を作ろう」みたいな課題で、原稿用紙3枚分がノルマだったところを5倍ほど書いたりしたような気もします。

そこにPCとかいう非常に便利なツールを与えられれば、非常に高速に文章を書くことができるわけですし、ストレスフリーで表現できるようになるわけじゃないですか。

あと、非常に昔、何とは言いませんが創作をやっていて、それに関してのホームページかなんかを作るのがとても好きだった(今もここの知識はこのブログのテーマとか挙動いじるときに生かすことができているんですが)のを覚えています。

それって、自分の作品が完成しない限りは特集記事とか書いたりできないわけじゃないですか。その頃は自分は何がやりたいのかあいまいだったんですけれども、今となってはその「記事自体が書きたかった」のだと理解しています。

だったら自分で作品を作るのではなくて、他人の作品を追いかければいいじゃん、という発想がこのブログの根底にあるのかもしれません。

もちろん、その「他人の作品」には、自分が熱中できるようなゲームを選ぶわけですよ。そこでもまた、このゲームを伝えたいという思いが加わるわけであって、更新をするための原動力となり得るわけです。

シミュレーションゲームっぽくて楽しい

で、子どものころ三日坊主にならなかった記憶のある唯一のものって、すぐ上でも出ましたけど、「ゲーム」なんですよね。ゲームは三日で飽きるなどということはほぼありませんでした。

何故かはよくわかりませんが、もしかすると、自分のアクションがゲームの世界に反映されていく楽しみというのは紙などの媒体とは一味違うものだったのかもしれません。

さて、ここで少々むなしさを感じ(ようと思えば感じられ)てしまうのが、ゲームの世界というのはあくまでも虚構ということ。街づくりできるゲームも昔非常にハマりましたが、まさかその街が現実のものとなるはずはありませんし。

で、今まで経験のなかったブログ運営をして分かったことが、「これめっちゃシミュレーションゲームっぽくて楽しい!」ってことです。

シミュレーションゲームといえば、例えば限られた資材を使って何か(街とか)を発展させ、それによって資材が手に入り、それを元手にさらに発展させていくとか、その際に数字とにらめっこしながら操作する期を待つというのが定番と言えば定番ですが、ブログ運営がこれにそっくりなんです。

一応私の所持金は有限なので、そのうちなけなしの一部をサーバー代として投資し、そこにブログを発展させ、収入を得ようとするわけです。そこでどのように人が動いているのか知るために、数字とにらめっこしましょう…ってのがアクセス解析などということです。

この記事とあの記事の閲覧数が増えたから、こういうパターンの記事は喜ばれるだろうとか、皆さんのニーズを研究して日々それに合わせていき、その対価としてアクセスそのものだけでなく収入が徐々に増える、というこの流れがまんまシミュレーションゲーム。

しかし圧倒的にそれと異なるところが、現実と向き合った成果を残すことができている、ということ。さすがに少なくとも1人の役に立つことはできているはずですし、もしそうでなくても、客観的な数値での成果が表れているというわけです。

もちろん現実と向き合うということは、自分の発言に対して責任を負わなければいけないということでもありますけれどね。そんなことは大きな目標を達成する上で当然のことだと思っていますし、大したことではないのです。

フィードバックが楽しみ

皆さまからのフィードバック、つまり反応が得られるのが最も楽しみなことです。最近では毎日のようにTwitterで共有してもらえますし、そこには共感のコメントを添えてくださる方が多いのがうれしいです。

もちろんコメントも見ています。何か問題の指摘などでない限りは返信は差し上げておりませんが、役立ったなどとコメントしていただけると非常に励みになるのです。記事の言い回しについての修正点を直接いただいたこともあります。正直助かります。

終わりに

それでも、私の三日坊主は直ったわけではありません。相変わらず、絵を練習しようなんて思っても3時間で撃沈するなんてことはよくあります。

好きこそ物の上手なれって言いますけど、あれは1段階抜けてると思うんですよ。好きだから続けられる、続けられるからうまくなる、ってね。好きなものでも続けるだけの理由が無ければ上達はしないのでしょう。

絵を描くのは好きではあります。上手く描けるようになればもちろん大好きになるでしょう。しかし、物体を捉えるセンス自体が私にはないんですよ。もちろん練習を重ねれば上手くなるかもしれませんが、続けない理由にセンスが無いからって返すのはべつに悪いことではないような気がします。

それに、他に自分が自分で向いていると思う、しかもやりたいことがあるのだから全く問題ないではありませんか。ま、このブログが「上達」しているのかどうかは皆さんの判断にゆだねるべきところではありますが…

何はともあれ、3か月お付き合いいただき本当にありがとうございます。今後もどうか、つたない文章ではありますけれども、ご支援いただけると幸いでございます。それでは。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて