ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

AppStoreのレビューを効率的に使ってほしい

time 2015/09/13

AppStoreのレビューを効率的に使ってほしい

AppStoreに限らず、作品に対するレビューは、今日ではどのサービスにおいてもごく普通のことになっています。しかし最近、どうもレビューが作品のイメージ形成に対してうまく働いていない場合があるような気がします。もちろん、書かれる内容によってです。

ここでは、レビューが作品やAppの作者に対してどういう意味があるのかということを解説しながら、レビューをどう書けばいいのかということも併せて述べていきたいと思います。

広告

的を射ていないレビュー

後で詳しく書きますが、レビューには様々な役割があります。しかし、最近はそれを一部のレビュワーの無知さによって持て余しているばかりか、Appに対して謂れなきマイナスイメージを付けることが多いような気がします。

もちろん個人を批判したいわけではないので、どのAppのレビューかも明記しませんが、幾つか例を挙げたいと思います。

勝手な期待

アプデされたから新ステ期待したのになんだよクソが
早く新ステ更新しろや
泥勢はもうやってるって聞いてるんだよ

一応、新ステってのは新ステージのことで、泥勢ってのはAndroidでやっているプレイヤーという意味です。たぶん。

まず、期待するのは自分の勝手な意識であって、それが裏切られたからと言って評価を下げるのは非常に主観的で感情的です。安定性の向上のために、機能の追加をしないアップデートはよくあることでしょう。

というかそれ以前に、期待させるようにはなっていないでしょう。Appの説明のところに、安定性や軽微な修正のみであるということが、英語であるとはいえ明記されているのですから。

さらに、Androidの場合は審査が緩く、β版や軽微な追加などは比較的そちらの方がやりやすいのは当たり前です。このように、既知の情報を自分が把握していないせいで、何も落ち度がないApp自体の評価を下げるのはいかがなものかと。

設定を全て確認しない

某Appのレビュー。何なのか明記しませんが推測は自由です。

最新パッチ入れて操作方法変わりすぎ真ん中十字のとこしかアイテム置けないとか、わざわざタッチで出来るiPhoneで無いわ
ほんと一気に使いずらくなって当分やらんわ

操作性が低下したと書かれていますが、以前からこの「十字」とタッチのどちらで操作するかを設定で選択することが可能です。アップデートのはずみでその設定が変更されてしまうということは十分考えられます。

033

というか、当分やらんわと言われても、既に購入されているAppに関しては、開発者には何の不利益もないはずなんですが…。

性能による制限を考慮しない

やりにくいしもうつまらん
pcに移行したよ(今日)
peは、pcに及ばないほどゴミ

えっと……。そもそも、この画面上の数千個というブロックを描画処理するこの某ゲームがモバイル上で動くこと自体相当優秀なのでは?

ま、私のPCは性能が低く、実はiPadのほうが快適に遊べる、なんていう例外もあったりしますが、まあ別の話です。

レビューの意義

おっと、少々度が過ぎたかもしれません。今回はこういったレビューについて批判することが主目的ではなく、レビューとはどういう意義によってあるのかを再確認したうえで、どういうレビューを書くとより良いかを考えていきたいのです。

リアルタイムなフィードバック

まず、適切な評価がされているレビューならば、作者が、その作品がユーザに本当に受け入れられているのか、ニーズに合っているのかという指標として見ることができます。

ユーザ層の構築

次に、そのAppのユーザ層を構築するという役割があります。

どういうことかというと、Appによってどのような趣味、使用目的やライフスタイルを持つ人間に対応できるかは決まってきますが、レビューはそれを決定づける指標になります。

例えば非常に短時間で遊びやすいゲームがあったとすると、ライトなユーザーには受けるかもしれませんが、長時間ガッツリ遊ぶハードコアゲーマーには対応できないでしょう。

余談ですが、このブログも、この記事のように意見を述べるようなものについては画像はあまり掲載せず(まあ、抽象的なので難しいからという側面もありますが)、他のゲームの記事などは低年齢層のアクセスも多いため、言い回しも極力解りやすく、画像も多分に含め柔らかい印象にしています。これも対象としたい人に合わせたコンテンツを提供するという点で同じです。

ですから、レビューは「どのような人におすすめであるか」を書くことも、他のユーザがそのAppを入手するときの大きな手助けになるわけです。

バグや不具合の把握

製作者だって人間ですから、バグや不具合などをなくすことはできません。特に操作が自由であるゲームほど、作者の意図していない動作が行われる可能性があり、それらすべてに対応することは不可能です。

ですが、比較的見つけやすいものがレビューとして投稿されることになります。つまり、見つけやすいからレビューとして書かれる可能性も多く、バグを修正する価値もある、ということなのです。

そこで、バグを正確に作者に報告するために必要なのが、

  • そのバグが発生するための手順
  • 端末の情報

です。前者は、バグをそもそも再現できなければ改善の余地がないからであり、後者は、端末による処理能力の違いなどから、プログラム上に誤りがなくても意図しない動作になってしまうという場合があるためです。

終わりに

このように、レビューというものには様々な役割があるわけであり、決して自分のその時点での感情だけを酌んで書いていては、他のユーザの評価にかなりの影響を与えます。

昨今のネット事情においては、低年齢化が進む一途であり、もちろん最初から解釈しやすい文章を書けとは言えませんが、より作者とユーザ間において正当な評価が相互に行えるように、我々大人も環境を整えるべきではないのでしょうか。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて