ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

【Minecraft】音符ブロックで作った音楽を動画で上げても良いの?

time 2015/11/28

【Minecraft】音符ブロックで作った音楽を動画で上げても良いの?

レッドストーン講座のほうで音符ブロックで音楽を作る方法をお教えしたわけですが、もし大作を作り上げたら、やっぱ動画で上げたいとか思うじゃないですか。しかしそれが他人の音楽を耳コピしたものだったら、それは直感的には良い行為のように思えません。

ですが、問題ない場合もあるのです。今回は音符ブロックで作った音楽が著作権的にどうなのか、という話をしたいと思います。

広告

無断使用して問題ない場合がある

マイクラPEでも音符ブロックが追加され、音楽も(リピーターがないので無理やりな回路になりますが)一応作れるようにはなりました。

228【Minecraft PE 0.13】レッドストーン回路 第4回 ~遅延と音符ブロック~

で、正式版のほうの動画をいろいろ見ていて、まず気になってしまうのが、使った曲の著作権を侵害しているのではないのか、ということ。

某太鼓ゲーとかでおなじみの「夏祭り」を音符ブロックで作ってYouTubeに上げている人がいますが、これは良いのでしょうか? 決めつけることはできませんが、コメントなどでは特に許可を得ていると書いているわけでもありませんし……

実はこれ、問題ないんです。しかも、慣習的にとかではなく、完全な白なのです。……ってなんで?

実は「夏祭り」をYouTube(実はニコ動も同じなのですが)で使ってよいのは、JASRAC管理楽曲だから……というのが根本的な理由になります。そもそもJASRACとは何でしょう?

JASRACとは

簡単に私の言葉で説明します。

例えば私が何か曲を作った(無理ですけど)とします。するとその曲の著作権は私に帰属し、私が著作者となります。当然、曲をゲームやテレビ、広告などに使用してよいか、その際にどれだけの使用料金を課すのかということは私に決める権利が発生するわけです。

最初のうちは自分でやっていればよいと思いますが、もし私が有名なアーティスト(絶対あり得ませんが)になったとすればどうでしょうか。使用のオファーが殺到し、とても自分だけでは管理できない量になるかもしれません。

そうなれば自分の利益が減るばかりか、本業である作曲にも影響が出ますし、許可するのをおろそかにしていると挙句の果てには逆に無許可で使用する人間も出てくるかも。これは大問題となってしまいます。

というわけで、そういう著作権の管理をアーティストの代わりにやるのがJASRACなのです(※)。

※レコード会社などに所属することでも同じような役割をしてくれます。その場合レコード会社などに著作権を「譲渡する」ことになり、レコード会社がプロモーション活動を行ったりすることになります。

JASRAC管理楽曲の場合

YouTubeやニコ動で使用できる

230

というわけで、JASRAC管理楽曲として登録されている楽曲を使いたい場合は、JASRACに問い合わせて使用許可を受ければいいのですが……

実はYouTubeやニコ動はこの使用許可を受けており、特別な手続きをしなくても、我々でもJASRAC管理楽曲やその歌詞を使用した動画をアップロードすることができます。他にも多くのサービスがこれを締結しています

もう少し詳しく見てみましょうか。こちらはJASRAC管理楽曲を使用した動画をアップロードできるか、というフローチャートです。それぞれの項目に答えてみましょう。

「動画で使用する音源は自作したもの(自ら演奏、または制作したもの)である。」

音符ブロックを置くことによって自ら制作したと言えるので、これは「はい」

「動画をアップロードするのは、JASRACと許諾契約を締結している動画投稿(共有)サイトである。」

YouTubeやニコ動は締結しているのでこれも「はい」

「動画の内容が『特定の企業や商品、サービスを宣伝するもの』ではない。」

つまりその動画は何かのCMでなければOKということ。まさかRS回路で演奏したものをCMのBGMとして使いませんよね?これも「はい」

「アップロードするのは個人である(団体などの場合は内国の曲のみ)」

個人的な作品であれば間違いなく「はい」

…………

というわけで、確かにアップロードすることが問題なさそうだということが分かりました。

原曲使用はNG

ただし以上のことは、あくまでも「演奏などによって、自分で作成した音源」であれば可能ということであって、原曲をそのまま使ってよいということではありません

音符ブロックで作った音楽である以上は「自分で作成した音源」に該当するので問題ありませんが、他の動画で、BGMとしてJASRAC管理楽曲の原曲を使用してもよいということではないので、注意してください。

JASRAC管理楽曲でない場合

実はJASRACに登録するべきなのは、上にも書いた通り使用のオファーが多くあらゆる方面からひっぱりだこになるような曲だけで、世の中に存在する曲では、未登録の曲のほうが圧倒的に多いです。

そこで、JASRAC管理楽曲を使って音符ブロックで音楽を作ったのであればYouTubeやニコ動に上げてもOKということは確認できましたが、逆にJASRACに登録していない楽曲はどうなるのか、ということを確認しましょう。

著作者の許可が必要

JASRACが関係ない以上、「著作者」と「利用者」の関係そのものを考えなければいけません。

著作者が音楽について「動画での使用はフリー」などと言っていたり、公開するのはフリーなライセンスを認めるのが条件であるようなサービスに音楽を投稿していたりしない限りは、自分が直接著作者に許可を得るしかありません

なぜなら、著作者が何も決めない限りは、著作物は完全に守られるからです。

ただし、アマチュアの方々はきっと自分の作品をもっと広める機会をうかがっている人が多いはずです。丁寧に許可をもらえるようにお願いすれば、多くの場合は無条件で快諾してくれるような人が多い(これはただの経験則ですが)と思うので、勇気を出して尋ねてみましょう。

著作者の許可を得ていないものは存在する

だがしかし……著作者の権利を得ていないんじゃないか、という動画は多くあります。なぜって、著作権について細かく気にするような人であれば、必ず許可を得て、そしてその旨を動画の説明欄に必ず書きそうじゃないですか。

で、なんで許可を得ていないものが存在できるのかというと、黙認されているためです。

マイクラで音符ブロックで曲を再現、っていうのはまぎれもなく原曲に対するリスペクトがあってのことですし、しかも曲の知名度上昇にも貢献しますので、本当はいけないことではあるのですが、著作者としてもいちいち指摘したり訴えたりするほど不快になるわけではない、という場合が多いように思います。

ただしこれは事実上の話です。私が無許可で曲を使うことについて問題ないと言っているわけではありませんし、そして訴えを起こされる可能性もあります。JASRACに未登録の曲を使うときは、絶対に許可を得てから。そのほうが確実にお互い気持ちいいですしね。

JASRAC管理楽曲かどうか調べる

さて最後に、JASRAC管理楽曲かどうかを調べる方法を。

「J-WID」で検索すると、JASRACのデータベースを検索するためのツールがヒットしますので、そこで画面の指示に従って調べましょう。曲名とアーティスト名が分かっていると思いますので、そのどちらかを使って検索したほうが良い(両方指定すると、入力ミスなどあったときに何もヒットしなくなる)でしょう。

ちなみになぜ「J-WID」そのもののリンクを貼らないかというと、直リンクしないでくれって書いてあったためです。

終わりに

思ったより長くなってしまいましたが、理解は深まったでしょうか?

曲を使われるということは、遊び程度のことであっても、使われる側にしてみたら嬉しいことであったり、または憤りを感じることかもしれません。どちらにしろ、使われているという事実を把握したいに違いありません。

というわけで、YouTubeなどにJASRAC管理楽曲を使うのであれば結果的に問題はなかったのですが、そうではない場合、事前に許可を得ておくということを徹底してほしいと思います。アーティストと使用する人間の間で良い関係を作ることが、さらに良い音楽を生む原動力にもなりますし、それによってマイクラでも良い作品を作れるというものです。是非ともお願いいたします。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて