ナギサものおき

ゲームを楽しく遊びたい!

11月の記事まとめ

time 2015/11/30

11月の記事まとめ

さて、今月ももう終わりですか。これ書いてる時点でもう12分しか残ってないんですけどね。

さて、今月からはアクセスランキングに基づくランキング順に記事を紹介するのではなく、更新した記事に一定のパターンを見つけてまとめる、っていう形式にしようと思います。

なぜって、ランキング上位に入るような記事はマイクラとかのメジャーなゲームばかりで、まんべんなく紹介できないからです。全体的に紹介できれば、この月を振り返るような内容になるでしょう。

広告

ゲームのリリース・アップデートラッシュ

なかなかビッグなアップデートやリリースが多くありました。

Rayark社の動向

例えばRayark社の音ゲーであるCytusはチャプター2つ、Deemoは無料曲1つとパック1つを追加しました。Deemoは厳密には10月末にアップデートされてたんですが、前回のランキングには入れなかったわけなので、ここで紹介。

087Cytusがver9.0でDeemo楽曲など追加。Chapter Lの譜面は変更へ

203Deemoがver 2.1.0 にアップデート:Mili・削除の新曲、設定、実績など追加【iOS】

で、ほぼ完成形に近いにもかかわらず、この2つのゲームをさらにボリュームアップさせていくという姿勢は昔と変わらず好きなのですが、チャプターLの譜面変更でちょっとコケてしまった感は否めません。

各曲2つしか譜面がないので、全プレイヤーが満足できる曲にすることはほぼ不可能でしょうから、そこを割り切って難易度振り切ると決めたならそのままでいい。譜面で何かを表現したいというコンセプトもあったことでしょうに……。

もちろんこれは客観的な感想であり、個人的には全く見えないHard譜面がなくなれば助かるのですが。

Zyonのリリースと今後

また音ゲーですが、前からずっと追いかけてきたZyonがついにリリース。個人的には細かなルールや譜面などで改善点が目立ち、期待を大幅に超えるクオリティとはいかなかったものの、可能性を感じるゲームとなっています。曲やデザインのセンスはいいし、下地は十分。

232【iOS】新作音楽ゲームZyon(ザイオン)、全課金によるプレイレビュー

そして何よりも、モチベーションの高さがむしろ増しています。Zyonでは意見や要望などのメールを受け付けているようなのですが、その結果以下のような声明が出されました。

実は私はまだ直接メールを送っていなかったのですが、やはりプレイヤーのみなさんは各々感じることがあるようです。そういう意見を真摯に受け止めてくれ、次につなげようとするという気概が感じられます。これは期待できそうではないですか。

PEにレッドストーンが

あとはマイクラに驚きました。2か月くらい前にネザーが追加されていて喜んでいたら、もうレッドストーンが追加とは。

レッドストーンについては、PC版をプレイするか動画を見るかしないとなかなか概念から理解しづらいと思ったので、講座的なものを始めました。実はこれだけで今月2万PVくらい。

161【Minecraft PE】ver 0.13から実装、レッドストーン回路の使い方

この記事が第1回で、現在4回まであります。記事の最後に次に進むためのサムネがあるので、見ながら徐々にステップアップしていけるはず。

正直PEをここまで発展させるとは驚愕の一言です。ゲームを作ったことが無いとなかなかわからないと思いますが、画面に数千~数万というブロックを3Dであんなに滑らかに表示する(しかもモバイルで)、というのは偉業です。

そこでさらにワールドが無限になり、今回さらに負荷がかかると思われていたレッドストーンですら目立った処理落ちもなく追加。すごすぎる。

840円という売り切り(スキンパック除く)のスタイルで、ここまで継続的にサポートが行えるのは、誇りと自信をもって開発しているからなのでしょう。誰にとは言いませんが、もう少し見習ってほしいところではあります。

廃止と縮小と

おっと、感動してばかりはいられません。せっかく便利に使えていたものを、それ言い訳じゃね?っていう論理で撤回されるIT企業がなんだか多くないですかね……

OneDriveが縮小

OneDriveがもともと無料で15GB(スマホにもインストールしていればたいてい30GB)使えていたのが、一気に5GBまで減らすというアレな施策に走りました。

020OneDriveのプラン内容が縮小、無料ユーザーは他サービスに乗り換えよう

真っ当な理由があればまだ使うのをやめるだけで怒りは生まれないというものですが、実際の理由は

  1. 1人で数十TBも使うユーザが現れた!
  2. OneDriveはクラウドの便利さをウリにしてるのであって単なるファイル保管場所じゃない!
  3. というわけで、常識を超えるデータ容量は割り当てないことにするよ!
  4. 有料でも1TB、無料なら5GBな~

という感じ。なんということでしょう。何がダメって、

  • 「15GB」は常識を超えるデータ容量だったか? それは画像でいえば数千枚程度であって、日常的な使用としても常識の範疇じゃないか
  • もともと(特定の)有料プランの場合「容量無制限」と規定したのはマイクロソフト側であり、それをどう解釈されてもマイクロソフト側の責任である
  • 容量無制限だからOffice365始めた、って人もいるのに、彼らを転がしただけ

などいろいろとツッコミどころはあります。結局のところ、維持費節約の名目が欲しかったのか?

ちなみに、この記事書いたときに、Googleドライブの無料分がそろそろ埋まりそうだからと思って、重要なファイルはOneDriveに引き続き置いとこうと考えたんですけど、実はGoogleドライブのゴミ箱になんか8GB(!)も入ってしまってて、それ消したらすげえ余裕になりました。

というわけで、私が現在OneDriveを使う唯一の目的は、OneNoteをiPadと同期させるということだけです。もしもっといいクラウドノートがあったらもうお役御免だな……。

TwitterがAPI廃止

Twitterが、記事のURLを送信するとツイート数を返してくるAPI(提供されている手段のこと)を廃止してしまいました。

162Twitterが、ツイート数を返すAPIを廃止……理由と影響

164

例えば、上の画像のように、このブログに今まで記事ごとにツイート数を表示できていたのが、急にできなくなってしまった、ということ(一応2か月ほど前からひっそりとアナウンスされていましたが、毎日Twitterをしているにもかかわらず知る機会がなかったので、「急に」と言ってもいいでしょう)。

私はまだツイート数が確認できない程度なのでいいですが、これの何がマズいかというと、例えばツイート数によって記事ランキングを作成し、それによってユーザーの流れを作り出しているようなサイトは構造を根本的に見直さなければならなくなりますし、そもそもツイート数を解析することをメインとしているWebアプリなどは今後立ちいかなくなります。

確かにこれは完全に公式に提供していたものではなく、いつ廃止されても事実上文句は言えないようなものだったらしいのですが、世界への影響を考慮するとこれは愚策でした。

しかも、「Twitterはどう使われているか?」を軽視し、「Twitterがどんなサービスでありたいか?」という理想と現実との食い違いを理由にしているのも大きな不信感。利用者の意思に合わせて開発リソースを配分していくのは当然でしょう。なに投票機能の選択肢を2個から4個に増やして喜んでるんでしょうか、それ要望あったんですかね?

Twitterにはとにかくこれ以上無駄、それどころかマイナスな変更をしてほしくないですね。ふざけて使っている部分ももちろんありますが、それ以上にブログの記事を広めたり、記事にならないような細かい意見も気軽に投稿できるなど、思想活動にはなくてはならないものになってしまっているので、サービス存続できなくなるなんてことになったら困る(そういう場合は売りに出されるんでしょうけど)。

終わりに

最初にあと12分なんて書いてましたが、意外とあれもこれもとまとめていたら時間かかりました。もう12月になってから53分経ってますよ。

最近めちゃくちゃ寒いです。朝とかもう地獄で、これでチャリ乗って風を浴びるとかもう体内が阿鼻叫喚ですよマジで。お体にはお気を付けください。私は春や秋になるときに風邪をひきやすいのですが、なぜか冬になるときは強いですけど(どうでもいい)。

では、来月も……じゃなくてもう今月になってますけど、よろしくお願いいたします。

広告

down

コメントする




動作報告や質問など、記事に関係する話題にお使いください。サイトポリシー

記事まとめ

ブログについて