ナギサものおき

シンプルすぎる同期メモ「Simplenote」が最高に使える

calendar

reload

シンプルすぎる同期メモ「Simplenote」が最高に使える

ノートの同期サービス(Evernoteなど)は使っていますか?単純な使い方しかしないのに、機能が多すぎて重くて値段が張ってしまうという不満がありませんか。そういった方に絶対的におすすめしたいのがこの「Simplenote」です。

ただテキストを同期してくれる、それ以上でもそれ以下でもないサービス。しかしこれがとにかく便利すぎて感動ものなのです。これは、Simplenoteがいかに便利かということをとことん書くだけの記事ですよ。

メモを同期したいときのイライラ

ただ単にメモを取りたいとき、何をお使いでしょうか。

もちろんスマホ等のメモ帳で十分といえば十分ですよね。アナログの手帳が好きという意見もあるかもしれませんが、例えばiPhoneのメモはiCloudで共有できるのみです。つまりiOSデバイス間でしか同期ができません。

しかし私の場合、メモはPCなども含めて全デバイス間で常に同期しておきたいんですよね……。

というのも、このブログはモバイルゲームをよく取り扱うという都合上、プレイメモを同じ端末ですぐ取りたいということは多いからです。外出先などなら、記事の本文まで書けてしまう時間があったりします。しかしそれと同時に、このブログでは画像も多く取り扱うので、どうしても処理能力の勝るPCに文章と画像を集約させないと、効率よく記事にまとめられないのです。

つまりどうしても2つの端末間でテキストを共有しないといけないわけですが、画像に注釈入れたりするなどの作業も残っているのに、いちいち文章をメール送信するなど無駄な手間がかかるのはちょっと……。

OneNoteやEvernoteも使ったことがありますが、機能が無駄に多すぎて重い……私はプレーンなテキストが同期できるだけでいいのですが。

そんなあなたにSimplenoteだ!……過去の自分に教えてやりたい。

Simplenoteとは

完全無料かつiOS, Android, PC, Macなど様々なデバイスで動作するテキスト同期サービス。

主な機能はごくごく単純に「メモを同期できる」こと。ただそれだけであり、表も画像も入れられませんし、文字色も変えることはできません。しかしそれだけだからこそ、無料かつ多機種対応、と間口を広げることに成功しているのです。

さらに好きなのが、シンプルながらもストレスを極力なくすためのアイデアに事欠かないこと。どういうことがあるのかは以下に説明させてください。

無料

Evernoteとか特に、料金体系が分かりにくいことを不満に感じていました。もちろんそれでも十分機能を活用できるならいいのかもしれませんが、テキストだけ同期してくれればいいと考えているのに、そういった大きなサービスだとオーバースペックなわけです。

そこで、いくらシンプルだといえいくつのノートを使っても無料というのはやはり魅力的です。広告がない(たぶん)のにどこで利益を得ているのかは逆に疑問ですが……。何か他の(Simplenoteとは関係ない)有料サービスでもあるのかしら?

最低限の整理方法

ノートの整理方法として用意されているのは2通りのみ。フォルダなどは存在しませんが、このおかげで整理しなければならないという意識から解放されるわけなので、かえってプラスかもしれません。

タグを登録する

まず、好きなタグをいくつでもつけることができます。

つけたタグは一覧として表示させることができ、これを選択することにより、タグでノートを絞り込むことができます。素早く動いてノンストレス。

上部に固定する

重要なノートを、一覧の上部に固定することも可能。

モバイル版ならこのメニューを選択。PC/Mac版なら、ノートの項目の左に出てくる円をクリックしてチェックを入れるだけです。

瞬時に同期

そもそも画像や表などの様々なデータ種に対応する必要がないからですが、同期は非常に早いです。

OneNoteを使っていたときは、なぜか同期が止まってしまうということがあってその度にストレスが。しかしSimplenoteは、基本的にどのデバイスでも10秒以内には同期されると思います。非常に快適。

入力部分が1つだけ

1つのノートに割り当てられるのは、テキストエリア1個だけ。タイトルを入力する部分すら存在しません。

しかし、ノートの1行目をタイトルとして扱うようになっており、一覧でもちゃんと太字として表示してくれます。

ノートに具体的な題名をいちいち割り当てようと考える必要がなく、書き出しをそのまま代表的に扱ってくれるというのは、自分用にしか使わず体裁などどうでもいいメモとして適切ですよね。

もちろん題名をちゃんとつけたければ、1行目に入力して改行を入れればいいわけですし。このようにシンプルにしたからこそ選ぶ余地が生まれる、というのは興味深いところ。

ノートを公開できる

書いたノートをネット上に公開できるという機能があります。PCなら、公開したいノートを開いた状態で右上の矢印をクリックすればOK。

モバイルなら「i」マーク→「公開」です。

PC版だと公開方法を選べるようです。「Collabolate」なら他のSimplenoteユーザー、「Publish」なら不特定多数に公開、ということになります。

今回は「Publish」を選びますが、「Make public link」をクリックしてしばらくすれば共有可能なリンクが生成されます。今回、こちらにテストで作成してみました→http://simp.ly/publish/ggWfL4

Simplenoteを普段使いするとなると、この不特定多数への共有機能は相当便利だと思います。もちろん自分のクライアントで書いた内容が即座に反映されるからです。例えば予定を書くノートを公開すると、自分に対する覚え書きになるのと同時に、予定をリアルタイムに公開するという働きも兼ねるわけですよね。

ただしこの機能は便利な反面、公開済みだと忘れて変なことを書いてしまうというリスクもあるということに注意する必要があると思います。もちろん公開を取り消すことはできますが、見られたくないものを見られてしまったらアウトなので……。とにかく気を付けましょうね。

マークダウンに対応

マークダウンとは、よく使うHTMLタグをごく簡単な記号で記述するための形式です。「**」で囲むとstrongタグ(強調)、「#」「##」を先頭につけるとh1,h2などのタグ(見出し)、「*」をつけるとulタグ(箇条書きリスト)……などになります。

Simplenoteはこのマークダウンに対応しています。ノートの公開時に、文章を整形して他人にも見やすくすることができるようになっているわけですね。しかし、私はこれを別の方法で活用しています。

というのも、私のブログのWordpressでは、同じマークダウンを使うことができるようになるプラグインが動いているため。

Simplenoteで記事を下書きしているときにマークダウンが間違っていないか、「Preview」をクリック(モバイルなら右にスワイプ)することにより簡単に確認できるのです。

ログイン画面の配慮

ログイン画面なんて別に普通に使っていて評価する部分ではないのですが、優しさが滲み出ており相当好きです。

ここでログイン情報を入力するのですが、初めは登録画面になってるんですよね。登録済みなのに登録画面にアドレスを入力しちゃった……ということはよくあると思うんですが、

「ログイン」をタップしても画面が切り替わるというわけではなく、入力したアドレスやパスワードがそのまま残るんですよね。これ……。すごい優しい……。好き……。

問題点

ただし、ごくわずかな問題点もあります。例えばiOSでの話ですが、キーボードで文章を入力していると、アルファベットと全角の文字の高さが異なるのが原因なのか、すでに書いた文章が上下にガクガク動いてしまいます。

とはいえ、動作には全く問題はありませんが。モバイル版のほうはテキストが日本語に翻訳されているため(自動翻訳かもしれませんが)、せっかくなら日本語対応は万全にしていただきたいところですが、まあ今まで書いたメリットからしたら些細なことかもしれません。

痒い所に手が届く

まさにこんなサービスがほしかった、という感想。これを活用することで、ブログの更新がかなりスムーズになっている節もあり大助かりです。

ユーザーが増えれば、特定のユーザーとノートを共有する機能もさらに発揮されますし、友人にでも布教してみようかなと思っています。皆さんもぜひ。

この記事をシェアする

folder リテラシー

【Twitter】悪質な連携アプリの解除方法と正しい見分け方を知ろう
more...

folder ブログについて

ものおき、改修しました。
【お知らせ】サーバ変更を完了しました
ブログ1か月続けて思ったこと
more...