【iOS】新作音ゲーZyonのリリースは明日!非公式Wikiも設置!

公式よりZyonのリリースが11月19日であることが発表されました!

11/29追記

この記事に多くアクセスいただいておりますが、この記事はリリース前のものです。実際の内容は以下の記事に書いたので、あわせてお読みください。

【iOS】新作音楽ゲームZyon(ザイオン)、全課金によるプレイレビュー
新作音楽ゲーム「Zyon」(ザイオン)、以前から相当楽しみにしていましたが……今回は完全レビューをさせていただきました!アプリ内で購入できるものを全て購入して、試せることを全て試したということです。 結論を言うと、全体的に期待通りでした。良い点がかなり多いですが、まだまだブラッシュアップすべき点も残されていると思ったので、そういう部分も述べながら、曲や譜面、グラフィック、ルールなどいろいろな要素について見ていきます。 これさえ読めば、Zyonの基本から詳しいシステムまでわかる!……かも。 Zyonとは? 概要 ※画像はPVより引用 そもそもZyonとはどういうゲームかというと、現在AppStoreにて購入(240円)できる新作音楽ゲームです。 バージョン1にしてはボリュームが多く、課金曲などもろもろ含めて40曲以上、そして300を超える譜面があります。 日本人や中国人をはじめ、世界中のアーティストが多く参加しています。音ゲーマーなら確実に知っている名前があることでしょう。Dynamixとも今後コラボしていくとのことで、Dynamixに楽曲を提供したアーティストも多いですね。 他にも、使用するキャラクターの変更によるグラフィックテーマの変化や、キャラクターごとの意味深なストーリー、美麗なオープニングムービーなど見どころが色々あります。 さらに中国VOCALOIDともコラボしており、それらの曲が比較的多く収録されます。さらにキャラクターもゲーム内で使用することができます(現在は洛天依のみ)。 中国版はリリース1週間で、iPadの全アプリで1位、iPhoneでは2位を獲得。日本でも、ミュージックアプリ1位を獲得中で、現在注目されているインディーズ音ゲーであると言えそうです。 より詳しい情報 当ブログでも、公開前から(推測も含みますが)細かい情報を提供してきました。非公式Wikiも立てたので、そちらもどうぞ。 さて、様々な要素の紹介と、それに対しての感想や意見なんかを書いていきます。 操作方法 まずは、操作方法について書いていこうと思います。Zyonには上記の画像のように2つのモードがあり、それぞれ操作方法が異なっています。なぜ2つあるのでしょうか。

以下、この記事のオリジナルです。


Zyonとは

172

中国発の新作音楽ゲーム。概要をここで語るには狭すぎるほど多くの要素が散りばめられたゲームらしく、もちろんまだプレイしていないのにもかかわらず、私の期待度はもう振り切れてます!

事実、1週間先に公開されていたZiON(中国版)は、AppStoreのオールジャンルでiPadは1位、iPhoneは2位を記録!しかも、Appleからおすすめのゲームとして推薦されました!だったら棄却すんなよ

以下、今まで書いた詳しい記事です。これらで、Zyonとはどんなゲームかぜひご確認ください。

明日(19日)公開

Zyonのリリースは当初は10月末を予定していたものの、AppStoreの審査の都合があり、ズレ込んでいました。私は遅れても数週間程度だろうと予想していましたが、結果的に3週間遅れでリリースが決まった形です。

このトラブルへの補填として、BMS曲が4曲入った本来有料のパックが、ver 1.0.0の間であれば無料でダウンロードできます。そこにはJunkの「The Formula」、削除の「Kronos」なども含まれています。

しかも、11月に入ってから行われていたTwitterでのリツイートキャンペーンの成功により、コラボしている中国VOCALOID「洛天依」のテーマを、やはりver 1.0.0の間であれば無料でダウンロードできることが決定しました!

032

テーマとは、選曲画面(上記)やプレイ中の背景などのグラフィックを変更できる機能です。

複数曲を1プレイで遊べる

138

今日のFacebookの投稿にて、「段位認定」と「コースモード」があることが明らかにされました。

段位認定

上の画像を見ると、Zing(女の子)の横に「発動中にbadによるダメージを受けない」と書いてあります。

027

また、前回の記事で、キャラクターにRPGのようなステータスがついているのが確認できていました(上の画像の黒いウィンドウを透かして見ると分かります)。

そうか、ここで使うのですね。おそらくキャラクターが育っていれば、「段位認定」においてよりプラスの効果を発揮できるということなのでしょう。

コースモード

おそらく複数の曲を連続してプレイするモード、という意味だと思いますが……

アーケードならば100円という単位が2~3曲の価値があるでしょうから「1プレイで複数曲」というのは当然のことでしたが、モバイルでそれを導入するという発想は今までなかったですね。

1プレイごとはできる限り短いほうがいい、という考えでそうなっていたのかもしれないですが、あえて逆をいくのが面白いです。1曲ごとのプレイと何が違うのか具体的には判明していませんが、何か特別なことがあるのかもしれず、楽しみです。

非公式Wikiを設置

さて、最後に、私の活動をご報告させていただきたいと思います。単刀直入に言うと、非公式Wikiを設置させていただきました

Zyon Wiki

今まで繰り返し書いていますが、最初から豊富な曲数と各曲6つもの譜面、30人ものアーティスト、いくつものビジュアルテーマ、ストーリー、CGムービー、段位認定、…と、非常に大ボリュームなゲームであるようですよね。

普通はWikiというのはプレイ後いくらか経ってから置かれるものだと思うんですが、やっぱそんな内容が多岐に渡るのであれば、これはもう今置かざるを得ないだろうと。なんかすごいワクワクして作ってしまいました。

どなたでも編集できますので、どうかご協力ください。現在管理人(ルールとか書式を一緒に作ってもらいたいのです)を募集しておりますので、よろしければWikiにアカウント登録していただければと思います。

なお、設置に関して、AQUATRAX CEOのHimmel氏に快諾いただいたことを、この場をお借りして心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

終わりに

……いよいよですね。私は準備できました。一応こっそりアドバイスしとくと、課金要素が割と多そうなので、しっかり遊びつくしたいという方は資金面でちゃんと準備しておくのがよろしいかと思いますよ。

それでは明日、一緒に楽しみましょう!!!

11/29追記:リリース後の詳細情報、およびレビューなどをまとめました。以下の記事もご覧ください。

【iOS】新作音楽ゲームZyon(ザイオン)、全課金によるプレイレビュー
新作音楽ゲーム「Zyon」(ザイオン)、以前から相当楽しみにしていましたが……今回は完全レビューをさせていただきました!アプリ内で購入できるものを全て購入して、試せることを全て試したということです。 結論を言うと、全体的に期待通りでした。良い点がかなり多いですが、まだまだブラッシュアップすべき点も残されていると思ったので、そういう部分も述べながら、曲や譜面、グラフィック、ルールなどいろいろな要素について見ていきます。 これさえ読めば、Zyonの基本から詳しいシステムまでわかる!……かも。 Zyonとは? 概要 ※画像はPVより引用 そもそもZyonとはどういうゲームかというと、現在AppStoreにて購入(240円)できる新作音楽ゲームです。 バージョン1にしてはボリュームが多く、課金曲などもろもろ含めて40曲以上、そして300を超える譜面があります。 日本人や中国人をはじめ、世界中のアーティストが多く参加しています。音ゲーマーなら確実に知っている名前があることでしょう。Dynamixとも今後コラボしていくとのことで、Dynamixに楽曲を提供したアーティストも多いですね。 他にも、使用するキャラクターの変更によるグラフィックテーマの変化や、キャラクターごとの意味深なストーリー、美麗なオープニングムービーなど見どころが色々あります。 さらに中国VOCALOIDともコラボしており、それらの曲が比較的多く収録されます。さらにキャラクターもゲーム内で使用することができます(現在は洛天依のみ)。 中国版はリリース1週間で、iPadの全アプリで1位、iPhoneでは2位を獲得。日本でも、ミュージックアプリ1位を獲得中で、現在注目されているインディーズ音ゲーであると言えそうです。 より詳しい情報 当ブログでも、公開前から(推測も含みますが)細かい情報を提供してきました。非公式Wikiも立てたので、そちらもどうぞ。 さて、様々な要素の紹介と、それに対しての感想や意見なんかを書いていきます。 操作方法 まずは、操作方法について書いていこうと思います。Zyonには上記の画像のように2つのモードがあり、それぞれ操作方法が異なっています。なぜ2つあるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ゲームやWebサービスなどのソフトウェアに関する記事が得意です。 事実だけを述べるのは速報性のあるメディアの仕事です。私は、事実だけでなく論理的に十分考えうる推論も含めたうえで得られる、私なりの結論を大切にしております。